Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://officemasa.blog40.fc2.com/tb.php/105-2adb871c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

昭和な人

近頃、平成生まれの社会人が徐々に増えてきた。昭和生まれの人間からすると、「この若造が・・・」と思ってしまうのだが、そんなことではいけない。それよりも、彼らに「このおじさんは・・・」と思われないよう気をつけなければならない。

朝の通勤途中、車のラジオを聴いていたら、「ダイヤル回して手を止めたー」と昔の曲が流れてきた。そう、小山明子の「恋におちて」だ。この歌詞を聴いて、頭にクエスチョンマークが点滅しないのは、昭和生まれの証拠。平成生まれの人には、この歌詞のダイヤルを回す感覚がわからないそうだ。

フィンガー5の「恋のダイアル6700」も昭和だ。「指の震えを抑えつつ僕はダイアル回したよ」と言っている。大体この曲は、「リンリンリリン、リンリンリリンリ・・・」とベルの音で始まるが、これからして昭和。

当時は、好きな人に電話をかけるにも、大仕事であった。電話をすると大抵は親が出るわけで、その関門を突破するのが一苦労だった。スマホ世代にはわからないだろうなあ。昭和50年、東京-新潟間の電話料金は、3分で450円。沢山の10円玉を握りしめてかけた公衆電話では、4秒に1度10円玉がカシャッという音とともに吸い取られた時代だ。

郵便料金は全国一律なのに、電話料金は長距離ほど高くなるなんて、当時は納得できなかった。郵便は、実際に運ぶ人がいる訳で、遠いほど経費が掛かる。しかし、電話の場合、遠距離であっても誰も汗をかかないのに高額の料金を取られたものだ。

「『チャンネルを回す』って友達に言ったら、意味が分からないと言われたのですが、これって方言ですか」と、あるサイトで質問をしている平成生まれの若者がいた。親切な昭和の人が、それに答えていた。昔のテレビは、ダイアル式のつまみを回してチャンネルを変えたのだと。

沢田研二の「勝手にしやがれ」も極めて昭和な曲だ。作詞が阿久悠、作曲が大野克夫というゴールデンコンビが作った曲で、昭和52年第19回日本レコード大賞を受賞している。「壁際に寝返り打って背中で聞いている・・・」で始まり、「夜というのに派手なレコードかけて~」のフレーズが、ザ昭和なのだ。

この曲は、その後も様々な影響を世の中に与えている。当時人気のあった「8時だョ!全員集合」で志村けんがこの曲のタイトルの「勝手に」と、ピンク・レディーの「渚のシンドバッド」をミックスさせ、「勝手にシンドバッド」というコメディーを演じたのだ。さらに、翌昭和53年、これを拝借したのが、この年にデビューしたサザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」。

「汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる季節外れの雪が降ってる」伊勢正三作詞作曲の「なごり雪」。昭和の時代に普通に使っていた「汽車」も死語になった。「花嫁は夜汽車に乗って・・・」もあったなあ。「夜汽車」、平成生まれにはわからないだろうなあ。

この前ゴルフに行ったら、途中から雨に降られた。一緒にプレーしていたおじさん(私より少し年齢が上)が、「あッ、アノラック忘れてきた」とつぶやいていた。うちの子ども(平成10年生まれの次男)に、「アノラックってわかる?」と聞いたら「なにそれ」と返ってきた。

3年前、久しぶりにスキーの板を買った。私はRossignol(ロシニョール)を、妻はVölkl(ボルクル)を選んだ。スキー場のリフトで妻が「Völklって何製?」と聞いてきたので、私は「西ドイツ製だよ」と答えた。知識をひけらかそうとしたのに、パープリンなことを言ってしまった私は、「今頃何言ってるの」と反撃を受けることになった。「だって、俺がVölklを履いていた時は、西ドイツだったの!」

私の母親は、今でもロシアのことを「ソ連」と呼んでいるし、JRを「国鉄」、近くにあるリオンドールというスーパーを「ライオン堂」と言っている。もちろん、いつまでたってもイオンではなく「ジャスコ」だ。

きっと母親の頭の中は、平成26年ではなく昭和89年に違いない。ところで、この「つぶやき」の読者の皆さんは、間違いなく昭和生まれですよねェ。(小島 正晴)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://officemasa.blog40.fc2.com/tb.php/105-2adb871c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。