Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://officemasa.blog40.fc2.com/tb.php/108-32a9bd5f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

脱線

平成25年の秋から平成26年にかけて、札幌、仙台、郡山、新潟、宇都宮、高崎、大宮、東京、横浜、大阪、広島で、「ブラック企業と呼ばれないための正しい労務管理」と題した講演をしてきた。大宮と大阪では受講希望者が多かったため、午前と午後のダブルヘッダーでの開催となった。本当にありがたいことだ。

講演が終わった後の大事な仕事は、受講者からのアンケートを見ることだ。これが結構ドキドキする。大半の受講者は、勉強になったとか、わかりやすかったとか、本音はどうかわからないが、大人の対応でアンケートを書いてくださるようだ。なかには、非常によかったに丸をつけ、大変勉強になりましたと、涙が出るほどうれしいコメントを書いてくれる聖人君子のような方もいらっしゃる。

そんなアンケートの中で、たまに、グサッとくるご指摘を頂戴することもある。札幌で講演したときのアンケートでは、「話が脱線しすぎる」との苦情をもらった。確かにその日は、北海道の大地のようにおおらかになり、調子に乗りすぎて筋書きにないことをあれこれと話したようだった。

夕食を兼ねた反省会でそのことが話題になり、神妙に反省の弁を述べた。やさしい主催者は、「そんなに気にしない方がいいですよ。小島さんの講演から脱線をとったら何が残るんですか」と、慰めのような、慰めになっていないようなことを言ってくれた。その後酒が進み、この問題の責任はJR北海道にあるとの結論が出た。当時、JR北海道の事故の影響で、札幌市民は脱線に非常に敏感になっていたのだ。北海道では、脱線はできるだけ避けるべきであるとの教訓が残った。

しかし、その後も脱線はなかなか止まらなかった。ダブルヘッダーでの開催の場合、午前の部と午後の部で、同じ内容の講演をするよう主催者から指示があるのだが、同じ内容になったためしがない。同じタイトルなのに、随分と違う講演会になってしまうのだ。本当に同じ内容でやれというのなら、午前の部をビデオで撮って、午後からそれを流してくれと言ったところ、最近では主催者もあきらめたようで、思う存分好きにやっていいことになっている。

講演終了後、予想以上の大きさの拍手をもらい、少し照れながら頭を下げることがある。これには注意が必要だ。拍手の大きさは、受講者の満足度とは単純に比例しないのだ。拍手には様々な気持ちが込められている。サラリーマン川柳の作品で、「講演会 寝ていた人ほど 拍手する」というのがある。大きな拍手の意味は、大抵の場合、やっとつまらない話が終わったという、受講者の喜びを表している。

講演の仕事が終わり、会場を後にするときには細心の注意を払わなければならない。気が弛んでしまい、講演会場に仕事道具を置き忘れることがあるからだ。レーザーポインター、筆記用具、講演のあらすじをメモしたカンニングペーパーなど、後日、主催者から送られてくることがある。

最近は忘れ物には気を配っているつもりなのだが、想定外の失敗をしてしまったことがある。新潟での講演の後、会場のエントランスで主催者と挨拶を交わし、車を運転し自宅に帰った。部屋で背広を脱ごうとしたら、やけに重い。ネクタイにピンマイク、上着の内ポケットには発信機が入っているではないか。しかも、赤いランプが点灯しており電源は入ったまま。あわてて、再び会場まで車を走らせることになった。

主催者の話では、講演が終わったあとの閑散とした会場で、スピーカーから「こちらこそ大変お世話なりました。また、よろしくおねがいいたします」といった私の声がマイクに拾われ、しばらく流れていたとのことだった。その後、運転しながら鼻歌を歌っていたのだが、その歌声を受信器まで届けるほど高性能なワイアレスマイクではなかったようで胸をなでおろした。

社会保険労務士の分野ではないと思われる講演の依頼もときどきある。今年の秋には、「消費税増税に備えるために」といったテーマでの講演を頼まれた。ところがその後、11月18日に安倍首相が、消費税増税の先送りと衆議院解散を宣言した。当然のことながら、予定されていた私の消費税増税に関する講演も先送りになるものだと思い主催者に電話をした。しかし、予定通り開催するとの返答だった。ただし、テーマはそのままなのだが、内容をできるだけ消費税増税ではないものに変えてくれという、難しい宿題をいただくことになった。

どのような構成で講演をしたらいいのか筋書きを考えてみたが、妙案は浮かばなかった。前日になって、ふと膝を叩いた。私にとってこの手の話は簡単なはずだ。最初から脱線モード全開で講演すればいいだけだ。結果、久しぶりに楽しい講演会となった。主催者から、消費税のテーマなのに、難しい話ではなく楽しい講演だったとの評価をもらい、終了後の懇親会の席も大いに盛り上がった。脱線も時には役に立つものだと思ったが、人生における脱線はほどほどにしたいものだ。(小島 正晴)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://officemasa.blog40.fc2.com/tb.php/108-32a9bd5f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。