Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://officemasa.blog40.fc2.com/tb.php/74-3ded899d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

なまえ

 昨年の秋、友人とあるゴルフ場に行き、私たちの道具が積まれているカートを探した。カートにはスタート時刻と共に代表者の名前が記されており、そこには「アウトコース10時12分スタート大島様」と書かれていた。
キャディーさんが恐縮し、すぐに書き直すと申し出たが、昔から大は小を兼ねるというのでそれを断り、そのまま大島になったつもりでプレーした。案の定、その日はなかなかのスコアで、次も大島と書いてくれるようマスター室にお願いし帰路に就いた。帰りの車で友人は、「野球は長嶋だし、ゴルフはやっぱり中嶋だよね。その方が良いスコアがでるよ」とさかんに言っていた。

 今年の正月、心がほんのりする出来事があった。私宛に届いた年賀状を眺めていたら、急に視線がある箇所で止まった。宛名が「小鳥正晴様」となっていた。先輩からの年賀状だった。しかも毛筆で書かれたものだった。
小学校低学年の頃、同じ年に2人の友達が、年賀状に「小鳥」と書いてくれたのを思い出した。小学校4年生にならないと「島」の漢字を習わなかったため、自分なりにがんばって書いてくれたのだろう。小鳥正晴というのも、かわいらしい名前に思えた。

 12年前、長男が小学校2年生の時のこと。私の友人のエドさんから結婚式の案内状が届いた。そこには私の長男の名前もあり、二人でフロリダに行くことになった。急だったこともあり、長男のパスポートの申請がギリギリのタイミングだった。授業中、担任の先生に事情を説明し、長男を廊下に連れ出した。パスポートの申請用紙の署名欄に、自筆で氏名を書かせる必要があった。自分の名前をひらがなで書くように長男に言ったのだが、長男は漢字で書けるから漢字で書くと言ってきかなかった。ボールペンは消しゴムで消えないから慎重に書くよう伝えたが、案の定間違えた。島が鳥になってしまった。申請用紙は1枚しかない。その日のうちに県庁に提出しないと旅行に間に合わない。無理やり、鳥の4つの点々を繋いで、なんとか島にした。

 県庁の窓口で名前を呼ばれた。担当者が、これではパスポートが発行できないという。署名欄の字に訂正した跡があり、だめだとのことだった。困った。その日に受け付けてもらわないと間に合わない。なにがなんでも受け付けてもらわなければならなかった。

 責任者の課長を窓口に呼んでもらった。そして丁寧に説明した。これは私の長男が必死に書いた自筆の署名であり、訂正したのではなく、字がたどたどしいだけである。私がしつこく説明したためか、「外国で入国の際にトラブルがあっても県は責任をとりませんよ」とのお言葉付きで受理してもらった。もちろん、入国審査でひっかかったことはその後一度もなかった。外国の入国審査の担当官に、島と鳥の違いがわかるわけがない。
 
 昭和45年、私の小学校入学式の日。体育館での式典が終わり、1年5組の教室に入ると、担任の三富愛子先生が、「机の上に皆さんの名前が書いてあります。自分の席を探して、その場所に座ってください」と言った。私は自分の名前が書かれた机を探したが、見つからなかった。先生に「僕の名前がありません」と言いにいった。先生が一緒に探してくれたが見つからなかった。一つ空いている机があり、そこには「こばやしまさはる」と書かれていた。すぐに先生が私のために「こじままさはる」に書き直してくれた。そして「泣かないで先生のところに言いに来てくれて、えらいわねえ」とほめてくれた。出来立ての自分の席に座ったのがとてもうれしかった。

 昨年、秋のお彼岸に、祖母の墓参りに行き、その足で、祖母がもらわれていった家の墓にもお参りに行った。その墓の前で母と議論になった。祖母は赤塚家の次女として生まれ、物心つく頃に料理屋を営む小島家に出された。小さい頃は苦労したようで、同級生が修学旅行に行ったときも店で天婦羅を揚げていたことなどを、生前よく私に語ってくれた。

 その墓には、小島ではなく小嶋と刻まれていた。前にも来たことがあったが、その時はあまり気に留めなかった。祖母がもらわれていった家が小嶋だとすると、私の姓も小島ではなく小嶋であるべきではないか。しかし、戸籍には小島とある。母と話したが、祖母がその家を出たときに、何らかの事情で小嶋ではなく小島としたのだろうということで結論はでなかった。(小島正晴)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://officemasa.blog40.fc2.com/tb.php/74-3ded899d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。