Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://officemasa.blog40.fc2.com/tb.php/88-5901a261

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ホームステイⅡ

 今から31年前、大学1年生の時に、初めて1週間のホームステイをした。その家に着くと、12時間の長旅の疲れを癒せと、ご馳走が振る舞われた。私は勧められるままビールを飲み、数々の地元料理に舌鼓を打った。テーブルを囲んでの団らんが続いたが、相手の言葉が消費税より少しましな程度(10%ほど)しか聞き取れず、あまり聞き返してばかりも気が引けたので、愛想笑いでその場をしのいだ。
 
 ホームステイといっても、青森市内にある友人の実家。その友人が言うには、彼の母親は精一杯の丁寧な言葉で私に話をしてくれているということだった。だけど、何を言っているのか皆目わからない。
「なぁのけやぐ、みなじゃんぼなーげなあ」(お前の友達は、みんな髪の毛長いなあ)「?????」
「だらっこ、もったべか」(小銭、持ったか?)
「?????」
※そもそも、津軽弁は訛っているだけではなく、単語が違う。(一例:額=なずき、目=まなご、喉=おどげ、かかと=あぐど、子供=わらし、身長=じゃま)

 2日目は、家族で五所川原の親戚の家に行く用があるとのことで、私が運転手を仰せつかった。(当時、友人は免停で車の運転ができなかった)友人は、「五所川原の叔父さんは高校の教師だから、会話は大丈夫!」と言った。
「新潟から来た、こんずまさんだ」(私は津軽に行くと「こじま」ではなく「こんずま」になる)と私を紹介してくれたのだが、そこから後が続かない。青森市内よりもさらにヒアリングは困難を極め、会話は成り立たなかった。津軽で私ができることは、車の運転のほか、「男は黙ってサッポロビール」しかなかった。

 私は、津軽を甘く見ていた。同じ日本、なんとかなるはずだと。事前に現地語の勉強もせず、ヒアリングマラソンで耳を慣らすこともなく、単語の暗記をすることもなく、みちのく最北の地に来てしまったのだ。
到着した夜、晩餐の終盤で、海のパイナップルが食卓に登場した。腹が満たされつつあったので躊躇していると、名物なので是非と強く勧められた。確かに、きれいなオレンジ色で、トロピカルな雰囲気を漂わせていた。南国の海の甘い香りを想像して口に入れたら、私のイメージとは180度違い、生臭ささで閉口した。

 しかし、「まずい」と言う勇気はなく、「うーん」とうなりながら全部平らげた。
これがいけなかった。それから毎日、ホヤが食卓に乗ることになり、それが1週間続いた。その間、意地になって、なんとか残さず食べた。

 口に合わなかったホヤなのに、その後、夏になると無性にホヤが食べたくなる。今でも食品スーパーでホヤを見つけると、思わず買い求める。解体するときに飛び散る液体が、強烈に生臭いため、妻から「台所におけるホヤの調理禁止、及び、ホヤ解体の際の包丁等の調理器具の使用禁止令」が出されている。仕方ないので庭の水道のところにキャンプ用の包丁とまな板を持って行き、自分で切り刻み三杯酢で頂く。ひとり、家の外で食べるホヤは、ひそかな夏の楽しみである。

 青森の夏は、ねぶたの季節だ。昼間は、八甲田山、奥入瀬、十和田湖といった名所をドライブで堪能した。夕方になると街に出かけ、ラーメン屋で腹ごしらえをして、ねぶたに繰り出した。ラーメン屋の親父が津軽弁なのは極めて自然だったが、ねぶたの出発前に時間つぶしに寄ったデパートで、閉店を告げるアナウンス嬢の店内放送が訛っていたのは想定外だった。

 ねぶたでは、友人の父親が国鉄(現JR)に勤めていたため、その集団に入れてもらった。観光客でごった返すメインストリートで、鈴をつけた浴衣に傘をかぶり、ラッセラー、ラッセラーの掛け声を上げ思いっきり跳ね続けた。熱狂で体中の水分が汗となり、慣れない草履で足は血だらけとなった。

 ねぶたの最終日は花火が上がった。その翌日、浅虫海岸に行った。砂浜を歩き、海水に足を入れると、8月の上旬とは思えない冷たさと草履の靴擦れで、全身がビリビリと震えた。真夏の太陽がギラギラ照りつけていたが、寒さに耐えながらの海水浴だった。

 ねぶたが終わると、津軽の夏は終わる。次の日の朝早く、ホームステイでお世話になった礼を言い、国道7号線を南下し、新潟に向けて車を走らせた。結局、大学時代の夏、4年連続で津軽にお世話になり、ヒアリングはかなり進歩した。
「へばな」(それでは、また) (小島 正晴)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://officemasa.blog40.fc2.com/tb.php/88-5901a261

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。